ERCMとは

当社が開発した、有機物減容再生セラミック製造装置ERCMは、あらゆる有機物を熱分解してセラミック状の灰に再生する装置です。公害を出さず、残渣物も100%リサイクル可能にすることをコンセプトとしてします。

現在の地球環境では、温暖化・大気汚染・酸性雨など、様々な問題が生じています。今回ご紹介する装置は、従来の焼却という技術から、「分子分解」という全く新しい夢の技術として生まれた、まさに世紀の新技術です。省エネルギー、省資源、そして地域周辺の自然環境を保全します。『地球に優しく、人に優しい』資源リサイクル装置の誕生です。

パンフレットのダウンロードはこちら

ERCMの特徴

低コスト

本装置は投入された有機物が持っているエネルギーのみで熱分解を引き起こすことに成功した装置です。したがって補助燃料や熱源を一切必要としません。220㎥/日装置で1ヶ月間連続運転での電気代は約10~15万円と驚異的な低コストを実現しています。

高い減容率

1/100 - 1/500 まで減容。

低騒音

音の発生源は強制冷却に使用するチラーユニットと換気音だけです。

良質なセラミック

この装置で生成されるセラミックは電気陰性度が高くコンクリート資材、土壌改良、水質改善、建築用塗料・接着剤など、利用方法は多岐にわたります。

木酢液

排気から採取する木酢液は防虫、防蟻、糞尿の防臭、土質改善に有効なことが証明されています。

分別が不要

投入する有機物は分別することなく混載で投入できます。但し、金属類、ガラス、陶磁器等の不燃物には反応しません。

ERCMの原理

マイナスイオン(還元雰囲気)

マイナスイオン発生ユニットを使い、常時マイナスイオンを炉内に送入して、炉内を還元雰囲気にする。
*還元雰囲気にすることで酸素の熱運動を抑え、火炎燃焼を妨げる。
*乾燥・炭化の際発生する乾留ガスを分解。

セラミックの輻射熱(遠赤外線領域の電磁波)

セラミックに熾きた炭を置くと、セラミックの上部は輻射熱を発生する。輻射熱は遠赤外線領域の電磁波で、投入した有機物の原子を共振させ、電磁波のエネルギーを吸収させ発熱させる。(原子分極) 有機物はその発熱により、内部から乾燥・炭化していく。

分子分解(原子のレベルで分解)

炭化物は、原子の共有結合しているエネルギーが自燃により燃え尽きると結合が解け(分子分解)て、セラミック粉末状の無機物が残ります。

乾留ガスの分解(還元雰囲気)

投入した有機物が乾燥・炭化・自燃の際に蒸発・揮発する乾留ガスは、還元雰囲気の炉内上部で旋回しながら分解し無害化して処理層へ送る。

排気の冷却処理(外気に触れず冷却)

乾留ガスを分解し無害化した排気をそのまま外気に触れさせると、分解していた原子・分子が再結合し様々な物質が発生し、有害な物質も出来てしまう。その為、ERCMでは無害化している排気を外気に触れさせることなく冷却し安定させて、木酢液として採取します(蒸気を液化させ、分解した原子も捕り込む) 。排気処理最終工程で、捕りきれなかった微細タール分と臭いの粒子を捕り無害の排気として排出します。

生成物の利用

木酢液

木酢液には水分の他、酢酸、蟻酸が含まれており、防虫、防蟻、糞尿の防臭、土質改善などに有効な事が証明されております。

セラミック

本装置で生成したセラミックは、利用方法は多岐に渡り、コンクリート資材、土壌改良、水質改善、建築用塗料・接着剤などに利用できます。

仕様概要

型式 ERCM 0.5型/1型/2型/5型/20型/100型
処理容量 0.5㎥/日、1㎥/日、2㎥/日、5㎥/日、20㎥/日、100㎥/日
寸法 (20型)幅8,000mm×長さ27,000mm×高さ4,500mm
投入口サイズ (20型)3,000mm×1,500mm
重量 (20型)約41t
設置面積 (20型)211.5㎡
電源 (20型)三層200V、40kW
主な装置 炉本体、滞留槽、ウエットスクラバー、木酢液タンク、還元槽、制御盤
投入資材 木屑・紙屑・建設廃材・芝・伐採樹木・食品残渣・廃プラスチック類・焼却灰・家畜糞尿・下水汚泥・排水処理汚泥・その他

低公害の秘密

ERCMの無公害化には、大変な道のりが御座いました。繰り返された試行錯誤。それに、何処をどう調べても教科書にない新しい試み。しかし、失敗するたびに見えて来る新しい道。その一端をお話しします。無公害のポイントは、排気の冷却、マイナスイオンの2点です。

排気の冷却

暖かい排気をそのまま外気に触れさせると、分解していた原子・分子が酸化・再結合し様々な物質ができ、有害な物質も出来てしまう。その為、無害化した排気を外気に触れさせず冷却する事で液化し、原子・分子の再結合を阻止し安定させる。(木酢液の採取)

ERCMの残渣物である、セラミック・木酢液・排気をテストの間に適時(財)日本気象協会の協力により検査・分析し、無害性を証明して頂きました。なお、これからも適時(財)日本気象協会や各種研究機関の協力を得て、科学的証明を行ってまいります。

マイナスイオン

マイナスイオンの発生器は、普通マイナスイオンと共にプラスイオンやオゾンも発生しておりました。また、ある種のものは、マイナスイオンと共に有害電磁波も発生しました。私共のERCMの分解炉には、マイナスイオンだけが必要です。探し回り、「負イオン発生ユニット」を見つけ、2歩も3歩も前進しました。 マイナスイオンを常時分解炉に送入する事により、分解炉内を還元雰囲気にします。還元雰囲気にする事により、酸素の熱運動を抑え、投入した有機物の火炎燃焼を抑制し、また、マイナスイオンが自燃域の働きを助け、有機物が乾燥・炭化・自燃する時に発生する乾留ガスを分解無害化し、無害の排気として出す事が出来ます。